PICマイコンでMIDI-OUTとMIDI-INしてみた

 PIC/arduino  PICマイコンでMIDI-OUTとMIDI-INしてみた はコメントを受け付けていません。
3月 192013
 

PIC24Fボードを作ったよ!という続き。

前々から作ろうと思っていたMIDI-IFです。
ADK出た時から考えていたけど、延び延びにしていたうちに・・・

kshojiさんのUSB-MIDI-DriverでMIDI-INテスト
http://init0.net/wp/archives/444

USBのMIDI-IF繋げればいいじゃん!でモチベーション消火されてました(´・ω・`)

けどやはりキッカケがあると、やれることやろう!やりたいだけだし!
って吹っ切れますネ

IMG_20130312_165746

シリアル(UART)のTX(送信)をMIDIケーブルと繋いで見るテスト。まさかのワニ口クリップw

コネクタ実はMIDI用じゃない(ピン多い)けどちゃんと繋がります(^^;

MPLAB Xでマイコンの処理を作成(C言語)。
・UARTを31250bpsで初期化
→PCでは使わない31250という変態通信速度(PCで使われるのは19200の次は38400)

・0x90,0x3c,0x7fを送信
→9はnote ON(音出す) 、0は楽器の演奏チャネル(全部で16chある)
→3c(10進数で60)は、真ん中変のオクターブのCの音。ド。
→7f(10進数で127)は音の強さ。最大に強く弾いた感じで127。

・0x80,0x3c,0x00を送信
→8はnote OFF(音消す) 、0はNote ON同様
→3c(10進数で60)は、Note ON同様
→00(10進数で0)は音の強さだけど音消すので関係なし。

これで音が出て、音が消えることを確認。
MIDI-OUTできたー!
MIDIコネクタへの結線がワニ口とか、不安定そうだしあんまりなので、
PICのライバル(?)Arduino用のMIDIシールドを千石で買ってきて流用。

IMG_20130312_170425
これで安定性抜群!しかもMIDI-IN用コネクタもあるぞ!

 

MIDI-INの線はシリアル(UART)のRX(受信)に繋ぐ。

MIDI対応鍵盤(シンセ)のMIDI-OUTにこのボードのMIDI-INに繋ぐ。

ドの鍵を強く押すと、0x90,0x3c,0x7fの受信を確認。

無事MIDI-INも完成ヽ(゚∀゚)ノ

 

3月 182013
 

すっかりまたアウトプットが出せていない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
1ヶ月以上前、2/2にロボ部勉強会に出席してきましたというお話。
(ロボ部設立からML入ってて、2年以上経過してやっと初参加という・・・)

日本アンドロイドの会横浜支部ロボット部定例会
http://atnd.org/events/35285
内容がPIC24Fなボード半田付けするところからだったので、楽しそうだし!色々教えてもらえそう(?)だし!という事で勇気を出しての参加!

つまりまた懲りもせずハード側に手を出したお話。(PIC24Fは4つ目)

持ってるPIC24Fボード達(´・ω・`)
・microchipのADK Starter Kit
・microfanさんのPICSYS24-STICK
→スピードメータ作った話 http://init0.net/wp/archives/149
・RTさんのADKmini

作ったのはテクノロードさんで販売しているコレ。Yokorobo 01-PIC24F 2980円。
http://techno-road.com/shop/shoppicboard.html

工作室みたいな部屋で大型工作機械が気になる部屋で開催されてました。

工作機械楽しそうだなーと思いながら作成開始っ!

IMG_20130202_130952

そして特に躓く事ももなく完成ワーイヽ(゚∀゚)ノワーイ

IMG_20130202_135846

サンプルのファームウェア焼きこんでもらって、ブレッドボードでLEDピカピカ確認して終了。

PICkit3は元々持っていたので、問題ないのだけど、開発環境(MPLAB)が古くて、サンプルコードがもらえなかったりで残念な感じに。

家に帰ってから最新のMPLAB Xに更新しましたとさ。

初ロボ部楽しかったです!ありがとうございました!(ロボットやってないけど)

ロボ部ボードと手持ちボードの比較。
・PICKIT接続するピン載ってるので開発しやすい!
RT-ADKminiは自分でピン立てて配線引っ張るので面倒だった

・よけいな部品載ってないので、入出力ピン全部使える
PICSYS24-STICKはLEDやスイッチが載ってて、最初とっつきやすいけど結局邪魔に

・少し横幅があるのでブレッドボード狭い・・・
RT-ADKmini、PICSYS24-STICKは細いので余裕があった。

・microUSBで給電できるので、スマホケーブルとモバブーがそのまま駆動電源に。
PICSYS24-STICKは大きいUSB-Bなので残念だった。

大きいことを除けばかなり使い勝手が良いですね!

これで前々から作ろうと思って(放置して)いた、MIDIをやろうと心に決め。。。