powered by JellyBeanステッカー作ってみた

 Android  powered by JellyBeanステッカー作ってみた はコメントを受け付けていません。
8月 192012
 

うっかり買ってしまったNexus7に貼るため、JBステッカー作ってみました。

積んであったInkscape本みながら練習を兼ねて、計7個くらい試作して自分の中で最後まで残ったのがたった2個。

N7とGNに貼ったのでした。

画像データ上げておくので、もし欲しい人いたら使ってください。

①みくグリーン系

②ICSブルー系

メタリックなシールに印刷したかったなあ。

Lマウントのカメラレンズとか

 その他  Lマウントのカメラレンズとか はコメントを受け付けていません。
8月 012012
 

沈胴レンズ好きなta9marです。開発系の話題じゃないです。

普段LUMIX GF1(マイクロフォーサーズマウント)+セットの20mmパンケーキレンズ使ってるんですが、そういえば前に、マイクロフォーサーズ→Mマウント変換アダプター買ってたの思い出した。

http://www.sankouseiki.com/leicamadapter.html

 

で、勢い余って初期の沈胴型のLeitz(現ライカ) Summicron 50mm(ライカLマウント)買ってみた。なかなかカッコいい。

LumixGF1 → マイクロフォーサーズ-ライカMマウント変換アダプタ → ライカM-Lマウント変換アダプタ(ライカ純正)  → Summicron(Lマウント)

の2段変換。(変換好きだなあ自分。。。)

 

沈胴レンズなので、使わない時は縮みます。

他に持ってるSummar 50mm、Elmar 50mmも沈胴ですが、カメラ内部に当たってきちんと縮まなかったハズ。

Summicronだけは少ししか縮まないようで、問題なく収納できました。

Lマウントの行き着く先はSummicronなのです。多分。
(終着と思ってたら、Mマウントに進んで大変なことになる罠もありますが)

念願のレンズだったので、これでまた少し写真を撮ってみようと思います。
マイクロフォーサーズにマウント変換したLマウント50mm は、倍の100mmの画角になってしまうので、本来とは違い望遠で撮ることになります。
(GF1についてるマイクロフォーサーズのパンケーキ20mmは40mmの画角(35mm換算))

また、明らかに現代のレンズの方が便利だし綺麗に撮れるでしょう。

でも、モノクロフィルム時代のレンズでカラー写真撮ったり、デジタルカメラに装着して撮ったり、果てはハイビジョン動画を取ったり。
レンズ設計した人も想像してなかったであろう使い方を してるのだろうな、と考えると感慨深い訳です。

それだけ。

ついでのSummar 50mm

 

そしてEmlar 50mm。細すぎて(´・ω・`)

写真を撮る目的のレンズの写真取ってる時点でなんかアレですね。