9月 042010
 

あえてiphone4用と称されている、microSIMを購入してみました。

日本通信はdocomoからネットワークを借りているMVNO事業者です。
SIMも自社で用意した物ではなく、docomoから調達しているようで、docomoロゴが入っています。

通常のSIMが左。microSIMが右。結構小さい。

まあ現在iphone4等のmicroSIM対応機種を持っていないので、使い道が無いのですが。

すかさず、イオシス(http://iosys.co.jp/)で「MicroSIM変換カード」なるものを購入。
これはSIMカードサイズに変換してくれるもの。

早速入れてみるがなかなか入りません。少しmicroSIMか変換カードの内側を削った方が良いのかもしれない。無理やり入れたらmicroSIMの角が少し折れましたorz

開通せずに電源を入れる。電波アイコン表示(圏内)は出ますが、3Gアイコン表示出ません。

音声発信を試みるも、即切断されます。
別の電話から音声着信をかけてみるも、「データ通信専用の為~」とガイダンスが流れて切断される。

マニュアルにしたがって、開通ダイヤル(0120-915-886)に電話。
音声ガイダンスに従い、microSIMの電話番号を入力。5分で開通されるという。

しばらく待って、電源ON。変わらず電波アイコン表示(圏内)あり、3Gアイコン表示なし。

続いてAPN:dm.jplat.netを設定。(http://www.bmobile.ne.jp/sim_m/devices.html

設定保存し、追加したAPNを選択すると、無事3Gアイコン表示を確認。

スピードは300kbps。(b-mobile SIM U300と同じ)

docomoSIMだと一番安く使うにも、128kbps(APN:mpr.ex-pkt.net)の低速にも関わらず、一ヶ月につき、パケホーダイ・シンプル5,985円、モペラUライト315円、基本料金780円(タイプシンプル バリュー)がかかります。

通話不要の前提になりますが、300kbpsで月3,000円を切るのは大きな魅力でしょう。(通話必要な人はTalkingSIMになります。3,960円/月)

次買うときはmicroじゃなく、普通のb-mobileSIMにしよう。。。

Sorry, the comment form is closed at this time.